HOME>特集>見た目も防犯性能も期待出来るハイブリットな建材です

様々な利用目的で使う人が増えています

玄関

中世ヨーロッパで開発・発展していったロートアイアンは、今や日本の住宅においてもおなじみの存在になりました。憧れの注文住宅をよりおしゃれに演出したい、防犯対策を兼ねて住宅に重厚感を出したい等様々な効果を求めて利用する人が日本でも増加しています。

現代日本の環境ならではの利用法も

ロートアイアン

また、ロートアイアンの持つ防犯性能や堅牢さは、現代日本の環境ならではの利用法もされています。近年多発する不審者による住居への侵入事件や自然災害に強い家にするためにこのロートアイアンを門や窓に取り入れるという利用法をする人も多いようです。

独特のしなやかさも活用方法を広げます

女性

ロートアイアンは強度が高いと同時にしなやかさも兼ね備えており、それが活用方法の幅を広げる要因の1つともなっています。一般的なパターンのロートアイアン以外にも様々な直線や曲線を具現化する事が可能なため、和風の住宅にもマッチするような和洋折衷の模様に加工したり、非常に細かいデザインにして不審者が手を入れられないような非常に高い防犯性能を持つものまで思い通りのものに出来るという事が、可能性を広げています。

自身のアイデアを具現化するためには

ロートアイアン

ロートアイアンのアイデアを詳細まで具現化するためには、オリジナルロートアイアン制作の実績豊富な業者に依頼をする必要があります。そのような実績を確認するためにはそこのホームページ等でこれまでのロートアイアンの制作実績等を確認すると良いでしょう。

広告募集中